Month: 7月 2017

お絵かきが楽しくなる3Dソフトのご紹介だ

 ソーシャルゲームや漫画・コミックがさんざっぱら人気の昨今は、「pixiv」や「Art Station」などの図寄稿ネットに好きな持ち味や背景などの図を投稿する個人がたくさんいます。そういう図開発が道楽の人達にできるだけ知ってほしい開発助太刀柔らかをご紹介したいと思います。
 人材挿画を制作する際は大雑把なアタリを描いてからディティールを描いて出向く姿がノーマルではありますが、「DesignDoll」という3D柔らかを使用することでグンと創造時刻の短縮とレベルを上げることができるのです。DesignDollはデッサン形状を端末上で自由に動かすことができるソフトで、有償バージョンと無用バージョンが存在します。有償バージョンは何かと便利な機能があるのですが、当方は無用バージョンでコツコツ素体の処理からポージングまでしています。
 デッサン技量に乏しい当方は左右反転を決める雑貨ならデッサン崩れが悪く見れたものではありませんでした。しかし、こういう「DesignDoll」を活用するようになってからは左右反転も恐れることなく、バランスの良い人材挿画を描き出せるようになりました。駆け出しや人材挿画に自信がないヒトはとにかくダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

なかなか予定通りにはいかないものですね。

以前に、保健師さんから子育てのイベントがあると聞き同じ月齢の子が集まるということで興味がありました。
最近は、授乳間隔も3時間おきになったこともあり、わりと行動しやすいかな?と思っていました。

子育てサロンや児童会館での開放では、なかなか同じ月齢の子どもと親に出会えないので行けるのを楽しみにしていました。

ただ、やっぱり思っている通りにはいかないものですね。
9時半過ぎに寝たあと、12時半前に起きました。
イベントは13時から始まります。
徒歩と地下鉄で行こうと思ってたので、どんなに遅くても12時半には家を出ないと間に合いません。

おむつを替えて、授乳を済ませていざ!と思ったのですが…。
ふと我が子を見ると、すやすや…
がーん、また寝ている。

電話して受付の時間や行なっている時間を聞こうかと思ったのですが、気づいた頃には13時前。
結局行くのを諦め、ベビーベッドに寝かそうとしました。

赤ちゃんあるあるですよね。
ベビーベッドに寝かせた瞬間、目を覚ますんです。
我が子は泣きはせずにぱっちりと目を開きます。

うんうん、行きたくなかったんだね!と自分に言い聞かせ、スーパーへの買い物へ行ってお出かけ終了。

もう少し大きくなって生活リズムが整えば、動きやすくなるのかな…。
それまではなかなか予定通りには動かないと改めて感じられました。