私の趣味は手芸なのです。手芸と一口に言っても、洋裁・和裁・刺繍にレジンといったたくさんの種類があると思います。私が得意なのはなんといっても編み物!こういうと「え〜!難しそう!」と言われそうですが…意外と簡単で面白いものです。実際周りの人や、初対面での自己紹介などで言うと、「すごいね〜器用だね〜。」「編み物っていうと、温室でレース編みとかやってるお嬢様なイメージだね〜。」など、勝手に女子力を高く評価されてしまうのですが、もともと祖母が趣味でやっており自然と覚えたタイプなので、周囲のおしとやか女子とはかなりかけはなれているのですが…。それはともかく、編み物の良いところは単純にもくもくと編めるということと、今まで頑張ってきた結果が目に見えるというところです。毛糸の編み物も、レース編みも、基本的には同じパターンをもくもくと続けて編んでいく作業を繰り返すのですが、私にはその作業があっているようでとても好きです。ひたすらもくもく単純作業が続くので、その点で飽きる人も多いのですが、毎日コツコツ真面目に何かを続けるのが好きという人には向いているかもしれません。また、つみあげていった結果は手元の作品がどんどん大きくなって形になっていくため、目に見えて達成感が得られます。そんなところがとってもあっているため、かれこれ30年近く編み物を続けています。