先日「ダウンタウンなう」にはまっていらっしゃる。
毎度、回避タウンと坂上忍が居酒屋をはしごして、色んな先方とトークを講じる局。
何がおもしろいかって、先方の見極めがいいのと、皆が酩酊でいい感じにやわらかいトークになってるショップ。

時節な顧客や新人・大物と仰る顧客、ほかの多岐局ではおまぶたにかかれないような顧客が出演してるのはいいね。
回避タウンの局だから出演してもすばらしいというのもあるのかな。
これまで回避タウンと、全然共演始める機会がなかった人の出演は実に可笑しい。
少し前だと綾小路きみまろ、先日だと6代目三遊亭圓楽師匠の回は見ものだった。
回避タウンがプロフェショナル歌手とどうしてからむのか?回避タウン歓迎としては、こういう時は見逃せない。
結果は自由自在というか、回避タウンらしき絡みというか。常にオモシロで楽しかったなぁ。
大物歌手を前にして、ちょこっとプレッシャーしつつも堂々と小バカをはさんで出向く松っちゃん。
あんな見てくれを酩酊で見ていて、少し地味な浜辺くん。
二人とも年齢を重ねるごとに、いい味を出しておられます。

今後も先方と明るいトークをやるだ。