エアなどについて学校しました。Pa(パスカル)は攻撃の単位で、1�uの面積に1N(ニュートン)の技能が要するタイミングを1Paとします。100Pa=1hPaだ。1013hPaでは1�uあたり1.013×10Nの技能がかかってある。大気圏はその高度による温度変化のコンディションをもとに、下層から上層に向かって対流圏・成層圏・まん中圏・高熱圏に区分されてある。エアの分子や原子は入り乱れてすっごく飛びかってある。こういうエクササイズを高熱エクササイズといいます。エアが熱せられると、分子・原子のエクササイズが激しくなりますが、温度はこういう高熱エクササイズの激しさを描き出す容積だ。高温で高熱エクササイズが激しくても、エアが希薄であればごとキャパシティあたりのパワー容積はつまらないだ。地表から高度約11kmまでエアの気温は平均して100mにつき約0.65℃ずつ減少していきます。これを温度減百分率といいます。この部分を対流圏とよびます。このようなことを学校しましたが、知らないことを知れて良かったです。http://www.igroupcal.com/musee-hige/